センズリ鑑賞

居酒屋で一人飲みした帰り道、トイレに行きたくなったんだ。
駅からはもう離れているし、トイレを貸してくれるようなコンビニもない。いっそ立ちションしてしまうか、と辺りを見回してみると、ちょうどいい具合に公園があって公衆便所が見えたんだ。これは助かった!と思って急いで駆け込んだ。
ところが安心してションベンしていると、何だか個室の方の様子がおかしいんだ。ガタガタゴトゴト響く上にうめき声のようなものも聞こえてくる。やがて、僕が排尿を終える頃、中からおっさんが出てきたんだ。満足そうなおっさんは手を洗ってさっさと出て行った。
うんこくらい静かにできんのか、このおっさんは・・・と思いながらチャックを上げようとすると、なんとその個室から続けざまに黒髪ロングの女の子が出てきたんだ。おっさんと二人で個室にこもっていたわけだ・・・と言うことは・・・やることは一つだろう。これが噂のトイレフェラか?などと思っていると、僕の姿を認めた女の子が近づいてきて言ったんだ。「やっとく?」って。
セフレの作り方
ちなみにその子は結構かわいかった。酒で感覚がマヒしていたこともあるんだろうな、俺はチャックも降ろさずに女の子と個室に入ったんだ。
ちょっと広めの個室に鍵をかけると女の子は洋式便器にまたがって僕の股間を「さあどうぞ」と言って見ている。ただし、それだけで何もしようとしない。見ているだけ。手コキなりフェラなりしてくれるんじゃないのか?と思っていたら、実はその女の子はセンズリ鑑賞専門なんだそうだ。センズリを見せたい!という男をSNSで募集しているんだそうで、この公衆トイレが指定の場所だったらしい。俺も客と間違えられたわけだ。
いや、何が悲しくて女の子にセンズリ見せにゃあかんのか・・・と思いながらも、なぜだか俺はきれいに勃起してセンズリ鑑賞された。
それから、時々、この公園に通っている。女の子に見られながらセンズリするのって結構癖になることに気づいたわけです。
クリトリス調教
クリトリス責め